人気の鉄道模型は高額で取引されています。

人気の鉄道模型はどれくらの値段で取引されているのでしょうか? - 鉄道模型を飾るレイアウト

アーカイブ

鉄道模型を飾るレイアウト

鉄道模型の楽しみの花形は、何と言ってもその模型を実際にレールで走らせる事でしょうね。
単なる模型と違い、鉄道模型はモーターと電気を利用して実際の鉄道が走る姿を再現させる事が出来る、というところが魅力的です。

鉄道の走る魅力を演出するには

走る鉄道の姿を、より魅力的に演出するためにはレールが必要不可欠になってきます。
特に、ある程度拘りを持ち始めると単純にレールをグルっと円を描くように作ってぐるぐる走って回らせるだけでは物足りなくなって来る物なのです。
そこで、より魅力的に自分の大事なコレクションである鉄道模型の走る姿を形つくってくれるのがレールのレイアウトについてです。
鉄道模型用のレールは、様々なコースパーツがあったりしてそれを組み合わせることによって自分の理想のレールコースを作る事が出来るんですね。
この、自分なりのレールでのコース作りをレイアウト、という封に呼びます。
勿論、あんまりにも複雑過ぎる形は作る事は出来ませんが実際に鉄道が走っているような風景を作るためにカーブを作ってみたり、勾配を作ってみたりなどジオラマに合わせるのもレイアウトあってこそなのです。

どんなレイアウトがあるのか

まず、基本のレイアウトが小判型ですね。
楕円形を意識した丸を描くような形でコースをぐるっと一周させる物です。
プラレールなんかでも、これが一番作りやすいコースではないでしょうか。
更に、それを少しカスタマイズした形のレイアウトがポイント切り替えで、制御装置などを用いてポイントを切り替えることで走るコースを変える事が出来るというようなレイアウトとなっています。
更には、レールを二重に並走するように敷いたりする事で電車の行き帰りのニ路線を再現したりすることが出来るのもレイアウトですね。
そして、これらレイアウトは単純なコースのデザインだけではなくフィーダー線と言ってレールに電力を流し、コントローラーから鉄道模型へ伝えるための物を付けるのが重要です。
このフィーダー線は特にポイント切り替えなどを行うレイアウトの際には付ける場所に注意しなければいけません。

レイアウトに拘りたい人へ

レールのレイアウトに特に拘るならば、単純なデザインだけでなく色んなパーツを組み合わせて鉄道がちゃんと走るようにするために、ある程度電気系統の知識を持っておく事が必要になる場合もあります。
場合によっては、純正品でない制御装置などを使うこともありますからね。

関連する記事

  « 前の記事: を読む  

Copyright(C)2017人気の鉄道模型は高額で取引されています。All Rights Reserved.