宅配買取と出張買取はどう違うの?それぞれの特徴と査定額の違いを徹底解明

宅配買取と出張買取はどう違うの?それぞれの特徴と査定額の違いを徹底解明
ネット買取りサービスを利用したいけど、宅配と出張の違いが分からず、どちらの方法で売ればいいか分からないという人は多いでしょう。そんな人のために、それぞれの特徴と気になる査定額の違いについてお教えします。

本やDVD、アニメのグッズなどを売るときに便利なネット買取りですが、宅配買取と出張買取の2種類があり、それぞれどのように違うのか知らない人もいるでしょう。そこでこの記事ではそれぞれの特徴と査定額の違いについてまとめました。

宅配買取と出張買取の特徴

ネット買取サービスには「宅配」と「出張」の2種類がありますが、どんな違いがあるか知らない人は多いでしょう。まずはこの2つの買取り方法についてお教えします。

・宅配買取

売りたいものを自分で段ボールに詰めて送付し査定してもらう方法です。送付後、1〜2日後に査定通知メールが届くので、その査定額に納得できる場合は買取りに合意するメールを返信します。すると後日指定の口座に買取り金額が振り込みされます。もし査定額に納得できなかった場合は、買取りのキャンセルをする旨のメールを返信すると、後日送付物が返品されます。売りたいものを段ボールに詰めるという作業は発生しますが、それを送付するための配送料などは基本買取り業者が負担してくれるので、買取りにかかる費用は一切ありません。

・出張買取

自宅に鑑定員を呼び鑑定してもらう方法です。自宅に来た鑑定員に売りたいものを鑑定してもらい、その場で査定額を教えてもらいます。その金額に問題なければ、その場で現金化してくれます。もし納得できなかった場合は買取りのキャンセルを鑑定員に伝えましょう。鑑定料や出張料などは基本かからないので安心して査定してもらうことができます。

査定額に違いはあるの?

宅配と出張とで査定額に違いが出るのかを気にしている人は多いでしょう。実は金額には差があり、一般的には出張買取の方が高い傾向にあります。その理由は、出張買取の場合は、鑑定員と直接対話することができるので自分の希望金額などを伝えることができます。
また売るものの点数などを調整し交渉することも可能なので、通常の鑑定額よりも高い金額につけてくれることもあります。一方宅配の場合は、一方的に業者が査定した金額に同意するかどうかになるため、交渉などは一切できません。そのため、宅配よりも出張の方が高値で売れることが多い傾向にあります。

自分のライフスタイルに合った買取り方法を選ぼう

宅配買取と出張買取の特徴や査定額の違いについて紹介しました。金額の面では出張買取の方が高値で買取りしてくれることが多い傾向にあるためおすすめですが、鑑定員を自宅に招く必要があるため、日中仕事をしている場合は利用が難しいでしょう。
親しい友人や家族に立ち合いしてもらうことができれば問題ありませんが、難しい場合は宅配買取りを選ぶなど、自分のライフスタイルに合う買取り方法を選びましょう。